お世話になっております。森永商会 辻本です。


本日は2019年末に生産終了になります、
フッ素系洗浄剤「HCFC-225」と
その後継品についてご紹介します。


精密洗浄や光学部品の洗浄やシリコーンの希釈溶媒としても、
幅広く使用されてきたフッ素系洗浄剤。

その代表格である「HCFC-225」は、
1995年モントリオール議定書により
オゾン層破壊物質として、全面廃止が決定しました。

その決定を受け、日本でも2019年末に
ついに生産終了することになりました。


「HCFC-225」は脱脂洗浄性があり、
プラスチックやゴムへの影響が少ない、
不燃性で乾燥性が良い、
毒性が低いなどの多くのメリットと
価格が高いというデメリットがあります。


代表的なAGCのAK-225などをご使用の方も
「代替品は何がいいのか?」とお悩みではないでしょうか。


弊社では、2020年以降もスムーズに切替えを行えるよう、
オゾン破壊係数が0に近い新たなフッ素系洗浄剤を
複数メーカーからご提案させて頂きます!


従来のフッ素系洗浄剤の製造終了まであとわずか。
まだ後継品の選定が決まっていない方は、
サンプルのご提供も可能ですので、
お気軽に森永商会まで、お問合せください!

次世代のフッ素系洗浄液↓





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です